ビル群

火災保険に入るメリットと格付けから読み解く損害保険会社各社の特徴

「家」は生活に欠かせない拠点です。

持ち家、借家、長期契約のマンションやアパート、短期契約のマンスリーマンション、ウィークリーマンション、下宿など、居住権を獲得する方法は多様化しています。この「家」は、時として避けられない事故や災害によって損傷したり、失われたりします。

台風、火事、地震などではそれまでの暮らしが一変してしまうケースが少なくありません。建物が住み続けられないほど損害を受ければ、別の家を手配しつつ自宅を復旧するか、立て直さなければ通常の生活に戻れないですよね。

しかし、突発的な事態を乗り越える資金をすぐに用意しなければならない、となるとどうでしょうか。

家を建てるにせよ、新しい住まいを契約するにせよ、住まいを改めて確保するにはまとまった資金が必要です。その予定外の支出は間違いなく生活再建の障害になります。

災害や事故は向こうからやってきます。避けがたい「いざという時」に損害を補填し、生活者を支えるために火災保険があるのです。

火災保険への加入は住宅を購入または賃貸する方にとって義務とも言えます。火災保険は損害保険会社各社で取り扱いがあるので、「あなた」にフィットする商品を選んで契約するようにしましょう。

火災保険は「損害保険会社」が販売している「商品」

火災保険は火事、落雷、水害、風災、雹災、雪災、盗難、落下など、予測できない突発的な災害や事故による被害を補償します。

この特性は「火災保険」ならば原則的に共通しているものの、補償金額や補償範囲、補償条件などの細部は、火災保険を販売している損害保険会社ごとに違います。

損害保険会社にとって「火災保険」はあくまで自社が販売する商品であって、同業他社と全く同じ内容の火災保険では取り扱う意味がないからです。

既に火災保険に加入していらっしゃる方も、そうでない方も、「火災保険はどれでも同じではない」ということを、ぜひ覚えておいていただきたいと思います。

「損害保険会社」各社の比較に便利な格付け情報

損害保険会社は火災保険を販売している会社です。

火災保険にも多くの種類があり、それぞれ違う内容であるわけですから、おひとりおひとりフィットする商品が変わってきます。まずはどんな損害保険会社があって、どの会社がどんな体質なのか、どのような内容の火災保険を取り扱っているのかリサーチするべきです。

まず参考にしたいのが、保険会社をランク分けする「格付け会社」による評価です。

格付け会社は金融庁に届け出て損害保険会社を分析しています。評価のポイントは保険会社の体力と安全度で、格付けランクはそのまま信頼性を表します。
保険に加入してもいざ事故や火事に遭ったという時に補償金が支払われなかったら意味がありませんから、信頼性の高い保険会社に人が集まるのは当然ですよね。

さて、みなさまは格付け上位の人気保険会社にご興味がおありですか?

日本の主要な損害保険会社の格付けランキングを見てみよう!

格付けランク1位から5位までの損害保険会社を簡単にご紹介します。

1位:東京海上日動火災保険

東京海上日動
「トータルアシスト住まいの保険」
東京海上日動火災保険は2位以下を大きく引き離す売り上げ成績を誇りつつ、保険契約者への支払い余力が740%を超える圧倒的な存在です。比較的保険料が高い反面、補償内容が充実しているので人気があります。東京海上日動火災保険でも安いプランがあるにはありますが、補償内容が他社より劣る結果になりかねないのでご注意を。

2位:あいおいニッセイ同和損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険
「マイホームぴたっと(住宅建物総合保険)」
保険料と補償内容のバランスが人気を呼んでいる「あいおいニッセイ同和損害保険」ですが、実は直接契約の保険会社ではありません。三井住友系列の損害保険の代理店企業なのです。格付け4位の三井住友海上火災保険とあまり変わらない補償内容であるため、格付けでは第2位でありながら魅力を感じないという人も多いようです。

3位:損害保険ジャパン日本興亜

損害保険ジャパン日本興亜
『THEすまいの保険「個人用火災保険総合保険」』
旧会社名の「日本興亜損害保険」のほうが耳になじむという方も多いのではないでしょうか?初心者向けの損害保険会社として評判を呼んでいます。保険を難しいと感じる方におすすめです。

4位:三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険
「すまいの保険(家庭用火災保険)」
火災保険は補償内容の幅広さが特徴の保険です。三井住友海上火災保険の「すまいの保険」は充実した補償内容で誠実なサービスを展開していますが、それだけに、保険料が高いところがネックかもしれません。

5位:日新火災海上保険

日新火災海上保険
『「住自在」すまいの保険』
日新火災海上保険は代理店企業で、東京海上日動火災保険の傘下に位置しています。ただし、取り扱っている火災保険の内容は全く異なり、保険料の安さが高評価の理由です。ユーザーからの満足度は高いとは言えず、補償内容とサービスの品質よりも保険料の安さを求める方向けです。

損害保険会社と保険商品は格付け評価だけでは決まらない

格付け会社による損害保険会社の格付けランク、上位5位は、誰もが知るほどの有名企業ばかりでした。この評価は確かに意味のある情報です。しかし、有力な損害保険会社だからといって「あなた」にフィットするとは限りません。格付け会社などによる各社の評価は個別の事情に基づいていないからです。
これからの保険選びに迷いがある方、保険に加入しようとしているものの、本当にその保険商品でいいのか、本当にその損害保険会社が信頼できるのか確信を持てない方、格付けランキングなどだけでは判断できない方は、保険の専門家への相談をおすすめします。

保険の専門家はここにいる!火災保険・地震保険の相談窓口へ

どの火災保険に加入すべきか迷ったら、ぜひ「火災保険・地震保険の相談窓口」にご相談ください。住まいと保険の専門家が丁寧に対応いたします。

「火災保険・地震保険の相談窓口」にはさまざまなご相談が寄せられます。

  • 「加入している火災保険を見直したい」
  • 「建物にヒビが入っているけれど、火災保険に加入できるか?」
  • 「保険についてよくわからないから教えてほしい」
  • 「どの損害保険会社を選べばいいのかわからない」
  • 「建物にヒビが入ったが、保険金が支払われなかった」
  • 「火災保険加入時に地震保険を勧められた。地震保険も必要なのか?」
  • 「補償金を請求できるかどうか判断できない」
  • 「補償金の未払いがあったかもしれない」

例えば、地震被害に遭った時、建物のヒビが「いつ」できたか証明できず補償金が支払われない場合があります。

また、地震に遭ったのに建物の損傷に気付かず、請求しそびれたなどというケースもよくあります。小さなヒビでも住宅の強度は確実に低下します。もともとは十分な耐震強度を備えた家であっても、ヒビがひとつでも入れば、繰り返し地震が起きるうちに損傷が大きくなり、最終的には倒壊に至るのです。

早い段階で修繕できれば住宅の寿命は延びますが、工事するには費用が必要です。補償金が支払われないためにヒビを放置せざるを得ない、そのようなご相談もあります。

こうしたご相談では、当相談窓口から住宅診断士が現地を訪問し、建物内外の損傷を見極め、保険金請求を無料でサポートします。報酬は補償金が無事に支払われた時のみ発生し、相談そのものは無料です。

保険の契約でユーザーが損をすることは、残念ながら少なくありません。「火災保険・地震保険の相談窓口」では、格付け上位の主要保険会社だけではなく、ほとんどの損害保険会社に対応可能です。

保険について何か不安がある方、疑問がある方は、まず一度「火災保険・地震保険の相談窓口」までお問い合わせいただきたいと思います。

ビル群
最新情報をチェックしよう!