工場

病院や店舗、工場の修繕にも!火災保険と地震保険の活用でコスト削減

特殊物件と呼ばれる建物があります。
病院、学校、ホテル、店舗、工場、倉庫、お寺、神社などです。

台風や火災などに罹災した際の修繕費用は大きな負担となり、経営を圧迫します。特殊物件の工事費用は一般住宅より高額になりがちです。経営への影響は計り知れません。

しかし、事前に火災保険に加入していれば多くの事故・災害による被害は保険金で修繕できます。経営者のみなさまはぜひ損害保険会社各社の火災保険をチェックしてみてください。

火災保険と言ってもさまざまな種類があり、商品ごとに補償内容が違います。
突然の災害に遭っても揺るがない経営体制を作るには、火災保険は必須です。複数の火災保険を比較し、条件に見合ったプランを厳選して契約することをおすすめします。

特殊物件に火災保険がどのように活用されているのか、経営者のみなさまがどうやって火災保険を利用しているのかご紹介します。

火災保険を活用した特殊物件の工事

工場

病院、学校、ホテル、店舗、工場、倉庫、お寺、神社、アパート、別荘、社宅、商工会議所、事務所などの工事で、実際に火災保険が活用されています。

2018年には台風21号で京阪神を中心に甚大な被害が確認されました。日本損害保険協会によると、この被害に対して合計10,678億円もの保険金が支払われたそうです。

被災した建物がアパートやマンションの場合、加入している火災保険の内容によっては損失分となる家賃も補償の対象となります。

経営者は建物が損害を受けた時、施設修繕費の負担が生じるうえに、通常の運営体制に戻るまで収入が減少する二重の損失を被るのです。十分な補償内容の火災保険に加入してさえいれば、いざという時にも動揺せずに必要な処置を行えます。

また、同じ火災保険のプランと建物の損害でも、火災保険をどうやって活用するかで給付される保険金額が変わってきます。賢く情報を活用すれば全額保険金で工事費を賄うことも不可能ではありません。

火災保険は事業者にとってのセーフティネットであるばかりか、建物のメンテナンスにまつわるコスト削減にも通じるのです。

お寺や神社のような特殊物件を例に挙げると、半壊の修繕費でおよそ2000万円かかったケース、全体の修繕費でおよそ3000万円かかったケース、本堂と自宅の全面改修でおよそ5000万円かかったケース、屋根修繕でおよそ1000万円かかったケースなどがあります。

建物は放っておいても劣化するため定期メンテナンスが欠かせません。罹災が確認されたタイミングで火災保険を利用すれば、確実に定期メンテナンスのコストも抑えられるというわけです。

賢く火災保険を利用する

主婦と作業員

火災保険を利用するには、いくつかの方法があります。

台風、落雷、水害、落下物、火災などによる被害を自分で記録し、直接損害保険会社に保険金を申請する方法。
工事業者に調査を依頼し、見積もりを取って損害保険会社に保険金を申請する方法。住宅診断士や建築士の無料相談を利用する方法などです。

それぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのか比較してみましょう。

ほとんどの方が直接損害保険会社とやり取りする方法で保険金を請求なさっています。
契約者自身が損害保険会社とやり取りするメリットは、手続きがシンプルで素早く終わるところです。デメリットは、損害保険会社側が被害を低く見積もり、保険金の支払額を抑えるケースが多いところです。

工事業者に調査を依頼し、見積もりを取って損害保険会社に保険金を申請する方法は、客観的に被害額を算出できるという点がメリットです。保険金額の裏付けを得られますし、修繕にかかる費用も同時に把握できるので、この方法を選ぶ方も少なくありません。

ただし、大きなリスクが伴います。工事業者の調査は有料です。調査の範囲によっては数十万円の調査費がかかります。また、1社単独の見積もりでは適正価格かどうか判断できないため、複数の工事業者に調査を依頼し、相見積もりを行う必要があります。

事前調査だけで100万円をこえる支出になる可能性があるうえ、中には悪質な業者もいるのです。例えば、火災保険が下りないと分かっていて「火災保険で費用を賄える」として強引に工事を行い、最終的に全額費用を請求してくるなどのトラブルが確認されています。

火災保険の請求を代行すると言いながら実際には損害保険会社への連絡すらしないというケースもあり、確実に信頼できる工事業者の心当たりがない方にはデメリットがある方法と言えます。

住宅診断士や建築士の無料相談を利用する方法のメリットは、無料の事前調査で専門的に被害状況を鑑定し、給付される保険金額を把握できるところです。こちらは工事会社の調査とは違い、原則無料ですので、余計な支出の負担がありません。

デメリットは、こちらも多くの業者が混在していて、その中に悪質なものが紛れているところです。無料と謳っていながら、相談だけでも費用を請求してくるケースもあります。

火災保険・地震保険の相談窓口の場合は「成果が出た時だけ、給付金のなかから報酬をいただきます」と明確に線引きしています。悪質な業者の場合はいつどのような費用が発生するか明らかにしていませんので、無料相談窓口が信頼できるかどうかを判断するひとつの指標になるかと思います。

火災保険・地震保険の相談窓口でできること

火災保険と地震保険は組み合わせることで隙間のない補償を実現するタイプの保険です。

火災保険単独では地震に起因する被害は補償されません。大地震の際には火事がよく発生しますが、これは地震被害のなかにカウントされるため火災保険の対象外なのです。地震保険は火災保険を補う位置づけにあるわけです。

そういったわけで、日本では多くの方が火災保険と地震保険に加入しています。その一方で火災保険と地震保険が何を補償するのかきちんと把握できていない方が非常に多く、結果として、地震、落雷、水害、風災、雹災、雪災、盗難、落下物被害、飛来物被害などによる「被害があったのに保険金を請求しない」という状況がどんどん生み出されています。

火災保険・地震保険の相談窓口では、過去の地震被害、台風被害、その他自然災害や事故による被害についても専門家が鑑定を行い、保険金の請求をサポートします。

損害保険会社が不正に保険金を低く見積もった疑いがある場合には、適正価格を得られるように被害の再鑑定を行います。もちろん、成果が出た時以外の報酬はいただきません。

保険選び、損害保険会社選びで迷っている方には、おひとりおひとりの生活状況や将来設計を鑑みて、ふさわしい損害保険会社と保険についてアドバイスいたします。

保険の見直しでも火災保険・地震保険の相談窓口は必ずお客様の役に立ちます。
火災保険・地震保険で不安に思うことがある方は、お気軽にお問い合わせいただきたいと思います。

どんな人が火災保険・地震保険の相談窓口を利用しているの?

もちろん、これから事業を起こそうと考えていらっしゃる方もご相談いただけます。
日本は災害の多い国です。火災保険・地震保険、いずれも日本全国どの土地でも「いつの間にか被害に遭っている」ということが多いのです。

日本にお住まいの方なら、どなたでも火災保険・地震保険の相談窓口をご利用いただくメリットがあります。

「加入している火災保険を見直したい」
「建物にヒビが入っているけれど、火災保険に加入できるか?」
「保険についてよくわからないから教えてほしい」
「どの損害保険会社を選べばいいのかわからない」
「建物にヒビが入ったが、保険金が支払われなかった」
「火災保険加入時に地震保険を勧められた。地震保険も必要なのか?」
「補償金を請求できるかどうか判断できない」
「補償金の未払いがあったかもしれない」
「商売のためにも確実に保険金が支払われる会社と契約したい」
「修繕費用が高額になるので、できるだけたくさん保険金が欲しい」

火災保険・地震保険の相談窓口によくあるご相談の一部です。ひとつでもお心当たりがある方はぜひご相談ください。

工場
最新情報をチェックしよう!