防災グッズ

備えておきたい防災グッズ一覧とTO DOリスト

日本は地震大国と言われており、実際に大きな地震による被害に危機感を抱いている方も多いことでしょう。地震に関するニュースが多く取り上げられ防災意識が高まったことにより、「女性でも持ち運べる防災グッズ」「防災における必需品」「子どもがいる家庭に必要なもの」など、多角的な特集も見かけるようになりました。

本記事では、防災に備える上で重要となるグッズ選びや、やっておくべきことなどについてご説明します。

不動産サイトでよく見かける「構造」の違いも理解しておこう

耐震

防災において、「家の強度」は最も重要です。地震に備えた建設が普及する現代だからこそ、まずは知っておくべき構造の種類についてお話しします。

耐震構造

補強材を入れる、壁や柱を強化するなど、建物を構成する要素自体を硬くすることで地震の揺れに備える構造を「耐震構造」と呼びます。メリットは、地震のゆれに耐える硬さを持つことで、建物の倒壊や損害が少なくなる点です。

デメリットとしては、建物が揺れを強く感じやすく、その傾向は上階に行くほど高まる点です。また、基礎にかかる負担の大きさにより、修繕コストがかかりやすいという特徴もあります。現在建つマンションの多くは、この耐震構造が採用されています。

免震構造

「免震構造」は、建物と地面の間に装置を設置することで、建物に自身の揺れを伝わりにくくする構造を指します。免震装置で揺れが伝わりにくいことにより、家具の転倒や建物の損傷を少なくするという点では最も成果を発揮します。

しかし、効果に比例してコストも最も膨らみやすく、対応業者もまだ少ないことから、一般住宅においてはまだ気軽に選択できる構造ではありません。

制振構造

建物内に振動軽減装置(ダンパー)を設置し、そこに地震の揺れを吸収させる構造を「制振構造」と呼びます。これは免震構造と並ぶ新しい構造形式です。繰り返し起こる振動や、風邪による揺れなどにも強い仕組みとなっています。

揺れの感じ方は耐震構造と同じくらい感じますが、損傷は制振部材に限定されるのも大きなメリットです。制振部材は建物に組み込まれるものなので、後付けが難しいという点はデメリットとなります。

いずれも揺れに備えた構造ですが、“どのように”家を地震から守るのか、その手法やメリットデメリットは大きく分かれます。今後家を建てたり物件探しをする際は、この構造も含めて検討しておきましょう。

防災バッグには何を入れておく?

防災バッグは、いざという時に“それだけを持って”避難できる内容を揃えておく必要があります。あらかじめグッズが揃えられた防災バッグも多く販売されていますが、使用する人や家族構成などによって必要なものは変わります。

「すでに持っている」という方も、念のため下記のリストを確認しておくと安心ですよ。

1:飲料水

飲料水は重量もあるため、「1日分の家族分の備え」を目安に数を調節しましょう。人間が1日に消費する飲料水の量は、約3リットルです。

例)家族構成が大人2名で、3日分の備えをしたい場合
3(リットル)×2(名)×3(日分)=18リットル

2:医薬品(常備薬)

常備薬は防災バッグにも入れておく習慣をつけましょう。風邪をひきやすい、お腹を壊しやすいといった傾向がある場合には市販薬を用法がわかる形で入れておきましょう。

錠剤だけを入れていた場合、いざという時に飲み合わせや飲む回数などが確認できないためかえって危険です。不慮の怪我なども考慮して、絆創膏やとげ抜き、消毒液もコンパクトなものを入れておくといいでしょう。

3:非常食

非常食は、避難中の利便性を基準に選びましょう。

例えば、火を通す必要がないもの、保存期間が長いもの、かさばらないものなどが理想的です。小さいお子さんがいるご家庭の場合は、乳幼児用の非常食についても考えておく必要があるのでご注意ください。

4:停電対策

停電時に活躍する懐中電灯、携帯ラジオ、簡易的な照明などは、いずれも電池がないと動きません。本体だけでなく、電池も数日分の避難となる可能性を考慮してストックをいれておきましょう。

故障に備えて、ろうそくやマッチなども入れておくことをおすすめします。最近では、雨にぬれても火がつけられるマッチなど、屋外や避難といったシーンを想定した商品開発も進められています。

長期間使用できるようメンテナンスする意味合いも込めて、防災グッズの定期的な更新や入れ替えも視野に入れておきましょう。

5:衣類

暑い季節でも、場所や時間帯などによっては肌寒くなるため、汎用性の高い防寒着を用意しておきましょう。そのほか、雨具や軽量の毛布、カイロなどもあると便利です。

布類はかさばりやすいため、圧縮などの工夫をしておく必要があります。

6:貴重品

現金のほか、身分証明書や預貯金通帳、パスポートや保険証もある程度ひとまとめにしておくことをおすすめします。また、入れ物はビニール製など防水できるものを選んでおくとよいでしょう。

これらをずっと防災バッグに入れておくのも難しいため、家族全員が管理場所などを共有しておくことも大切です。

7:その他、生活用品

ドライブなどで使える携帯トイレは避難時にも役立ちます。ビニール袋や生理用品、ポケットティッシュなどもある程度ストックをいれておきましょう。

地震保険への加入も“備え”のひとつ

契約書

防災グッズを揃えること、地震に強い家に住むこと、こうした“地震が起きた瞬間”のための対策は既に取り組まれている方も多いでしょう。

しかし、“地震後の備え”も忘れてはいけません。それが地震保険です。

地震保険とは

地震保険とは、名前の通り地震、そして噴火や津波によって起きる火災や損壊や埋没などの被害を補償してくれる保険です。多くの被害をカバーするために、火災保険と同時加入する形になり、地震保険単独の加入は基本できません。

地震保険の補償対象や保険金

地震保険自体は、住宅が全壊した際に全額を賄えないケースもあります。というのも、地震保険は火災保険金の50%以内で設定することになるからです。しかし、地震保険は被災後の復興が目的となるため、二重ローンが発生した際などに心強い保険となります。

基本的に、地震保険は火災保険と同時加入となるため、火災保険の補償対象はそのまま地震保険にも適応されます。

現在火災保険のみ加入されている方の場合は、その契約の途中から地震保険に加入することも可能なので、保険会社に問い合わせてみましょう。

<補償対象のパターン>
・建物のみの場合
・家財のみの場合
・両方(建物と家財)の場合

防災意識の高まる今だからこそ、関連商品やサービスの活用を最大限に!
ここ数年続く地震の際、「目に見えた損傷は無いから」と地震保険へのお見舞い金申請をためらう方が多く見られました。

しかし、実際には大きな損害が無くてもお見舞金が受け取れるケースは少なくありません。ふと気付いた小さなヒビ割れや、ちょっとした亀裂もお見舞金の対象となり得ます。

地震保険の目的はあくまで復興のサポートですので、せっかく地震保険に加入しているのに「これくらいで申請していいのだろうか」と遠慮しまっては加入の意味がなくなってしまいます。

お見舞金申請の手順がわからない、今ある亀裂が地震による影響なのかわからない……とにかく、わからないことを相談することから始めるのも大切です。

弊社は、現地調査にかかる費用は無料、そしてお見舞金給付によって保険料が上がることも決してありません。地震大国で安心して暮らすため、そして地震保険をしっかり活用するために、まずはお気軽にご相談ください。

防災グッズ
最新情報をチェックしよう!